現金の用立てに|悩みを解決してくれるのがキャッシング

個人事業者向けの融資

貯金箱

個人で小さな会社を経営していたり、フリーランスで仕事をしている方は、サラリーマンに比べると、どうしても収入が不安定になりがちです。ほんの少し資金が足りないとき、埋め合わせる手段として有力なのが事業者ローンです。一般的な銀行カードローンは、事業用の資金に使うことができません。事業者ローンなら使い途が自由で、必要なとき機動的に運用できることが人気の理由です。消費者金融系の事業者ローンは審査が早く、早いうちに申し込めば即日融資を受けることも可能です。また必要な書類も比較的少ないのが特徴です。一方、国が用意している公共の事業者向け融資は、金利は安いものの審査が厳しく、申し込んでから融資までに2週間ぐらいかかります。

事業者ローンにも審査があり、通らなければ融資を受けられません。基本的にはそれまでの事業の実績が審査され、融資の期間や上限額が決定されます。まったく実績のない事業者は審査に通らないのが普通です。新規に開業したい場合には、詳細な事業計画書などを提出する必要があり、当然ながら審査にも時間がかかります。実績があまり芳しくないときは、審査の甘い事業者ローンを探したくなりますが、手当たり次第に申し込むのはお勧めできません。申し込んだだけでも信用情報に傷がつく可能性があるからです。まずは信頼できる大手の業者に申し込んでみましょう。消費者金融系の事業者ローンならば、銀行系のローンよりも審査に通りやすくなっています。